** 専門店にお任せ下さい **  
The Discus  
 

2012年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最近の記事
お引越

国産・紅彩神仙魚

トリプルペア?産卵

アルビノ水景

アルビノプレミアムドリーム

奇跡の水槽

WB4すこぶる順調

トリプルペア???

WB4順調です

Facebook

過去ログ
2013年 4月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 9月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月

 



アルタムのブリーディング
今日は夢のアルタムブリーディングの一席です。
最後の大物と云われるアルタムですが、一体なにが難しいのでしょうか?
同じシクリッド属のディスカスは産卵はするが孵化しない〜孵化はするが体着しない〜体着までは行くが育成途上で落ちてしまう〜成長しても発色が芳しくない…等々それぞれのポイントで問題をかかえた種属ですが先人の創意工夫によりヘッケルを除いては安定的に繁殖が成されています。
エンゼルフィッシュと呼ばれる種はディスカスのように親に体着させる必要もなくヨークサックを持って生まれてきますので稚魚の育成はそれほど難しくありません。育成方法によって体色や体形にそれほどの差異も出ませんので給餌、掃除、換水、濾過の管理を怠らなければほぼ全ての稚魚が順調に成長します。
なのに何故、繁殖が難しいのか??
はい、答えは「卵を産んでくれない」からです。

毎年、初夏から秋にかけ莫大な数のアルタムが日本に上陸します。
無事に上陸時の感染症禍を免れ成長をはじめたアルタムはそれはもうグングンと大きくなります。
一旦落ち着いたアルタムは頗る頑健頑丈で餌食いが落ちることもなく一年後には全高25〜30cmに達します。
そしてある程度の匹数を飼育をしていればペアリング行動的な振る舞いを見せ始めます。
それはもう嬉しいもので「やった、遂に夢のアルタムブリードに挑戦だ!」と高揚感いっぱいの幸せの絶頂期を迎えます。
しかし、待てど暮らせど産まない…PHをいじり、導電率をいじり、水温をいじり、ピートやマジックリーフでブラックウォーターを作り、あれこれコンディショナーを使い、照明を工夫し、水槽の高さが足りないからだと思い深さ60〜75cmの水槽をセットし等々…でも産んでくれない…弄繰り回しすぎて夢のアルタムは調子を崩してペア解消〜なんてことが毎年日本全国で起こっています。
では、何故産まないのでしょうか?
実は、水槽のサイズ、水質、環境等は一切関係ないのです。

一般に販売されている改良種のエンゼルフィッシュは半年から1年で15cm前後に達し成魚となります。
ペアとなり、産卵し孵化し大きな苦労もなく100尾前後の幼魚が目の前で乱舞してくれます。
その印象があるので飼育開始後一年で30cm前後に達したアルタムを見て誰もが、これは成魚だろうと思います。
「さすがにアルタムはでかくなるなぁ〜30cmだぜ!」…と、SHOPさんもマニアさんもみんなが思います。
しかしながら残念ながらまだまだ未成熟な子供なんです。
当たり前の話ですが子供だから産卵しない、ただそれだけの理由なんです。
WILDスカラレ種や改良種エンゼルが居ることにより人間が勝手に思い込んでしまう「これは成魚だ」と…アルタムが他のエンゼルと名の付く魚達と全く別のモノだと理解することからアルタムブリードは始まります。
因みにディスカスのブリード難関種「ヘッケル」も同じ理由から卵を産みません。
オリノコ川、ネグロ川に生息する魚達がブリード困難種にあげられている理由は全てとは言いませんが成熟期を迎えるのに幾多の年月を要するのだということは間違いないと思います。

では、成熟期を迎えるのはいつなのか…答えは4年です。
長いですよ〜4年は実に長いです。
飽きずに4年、体調を崩させずに4年、ただただ眺めての4年は非常に長いですが根気強く飼い続け4年が経過したとしても、ただそれだけではブリードは成功しません。
大きな水槽で育成し50cmに達するような成魚になりペアが出来た。
ブリート゛用の水槽を用意してペアを移動させた…今か今かと待ちわびているのだが結局いつまでたっても産んでくれない。
アルタム愛好家の皆さんからよく聞く話です。
全くもって悩ましい限りですがアルタムは水槽を移動すると繁殖意欲が皆無になります。
何故なのか?は、解明されていませんが環境の変化に頗る敏感で特に繁殖については尋常ではないほどの注意深さがDNAに刻み込まれているのだと思います。
では、どうすればアルタムは繁殖できるのか?
前置きはいいから早く教えろよ…というところですが続きは明日以降に書込み致します。






by りょうぽん ¦ 14:35, Tuesday, Sep 25, 2012 ¦ 固定リンク

△ページのトップへ
 


最近のコメント

最近のトラックバック

携帯で読む


フリーソフトで作るブログ